ハンググライダーってどんなスポーツ?
鈴木由路||アスリート

「ハンググライダーってパラシュートみたいなのに座って飛ぶやつですよね?」
こうゆう風に聞かれることが多いんですが、、、違います(笑)


ハンググライダーは、三角形の翼の下に、うつ伏せでぶら下がって飛ぶスポーツ。
よくパラグライダーと間違われますが、ハンググライダーは人間がぶら下がる、”hang”する”glider”です。
パラシュート”parachute”みたいな形の”glider”がパラグライダーです。

SONY DSC

ハンググライダーは体を前後左右に動かして(=体重移動)行います。
時速30km/h~80km/hの速度で、自由自在に行きたい方向へ進むことができます。

ただし、動力が付いていないので、基本的には少しずつ降下しながら滑空しています。
標高500mの山から飛び立てば10分くらいで地上に着地することになります。


ただ、空には上昇気流というものが存在していて、ハンググライダーはそれを捕らえることができるんです。
上昇気流の中で旋回していると、どんどん高度が上がって行きます。
上手く上昇気流に乗れると高度1000mや2000m上空まで上昇することができるのです。


そういった上空から景色を楽しんだり、1~2時間飛び続けたり、雲で遊んだり、遠くまで飛んでいったりして楽しむのがハンググライダーというスポーツなのです。

02 1 2000m

 


僕はハンググライダー選手として「世界選手権でメダル獲得」を目指している傍ら、ハンググライダーの普及活動にも力を注いでいます。

「自然や地球を肌で感じることができて、普段の生活では絶対に出会えない感動を味わえる、こんなにも楽しいスポーツをなんでみんなやらないんだろう?みんなもやればいいのに。」
こんな想いから競技と普及に人生を注いでいます。

ハンググライダーを身近に感じてもらうためにYou Tubeでバカ動画の投稿をキッカケにバラエティ番組に出演したり、
映画のワンシーンにハンググライダーが使われればスタントや出演もします。
スポーツ選手として小学校で特別授業を行ったりと活動範囲は様々。
これからハンググライダーを始めたい人の窓口として、アドバイスなどもしています。

興味のある方はご連絡ください。

ハンググライダー選手 鈴木由路
公式HP:http://suzukiyuji.com

You Tube番組:https://www.youtube.com/user/suzukiyujisky